2013年6月号 特集 破壊的イノベーション 記事詳細

■ 特集 破壊的イノベーション

アマゾンも認める新興企業 破壊的イノベーター:キバ・システムズ

 キバ・システムズは、商品の倉庫への保管、ピックアップから梱包、配送といった一連の作業を飛躍的に効率化するロボットやソフトウエアを開発する、マテリアル・ハンドリング業界の破壊的イノベーターである。アマゾン・ドットコムは2012年5月に、同社を7億7500万ドルで企業買収し、世界に衝撃を与えた。この破壊的イノベーションは、いかにして実現したのか。
 キバの創業者兼CEOによれば、破壊的イノベーションを生み出すには、新技術の開発や、より便利な製品の設計だけでなく、業界の常識に挑戦することも辞さないビジネス・アプローチや、顧客に期待通りの利益をもたらすことに徹底的にコミットする姿勢が求められるという。
 本稿では、キバが100億ドルの市場規模を持つマテリアル・ハンドリングの自動化に挑戦する過程で行った、数々の選択を振り返る。それは、破壊的イノベーターとして成功するまでの、新しいビジネス・アプローチの大胆な実践の軌跡である。


ミック・マウンツ   キバ・システムズ 創業者兼CEO

PDF記事:11ページ[約2,146KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking