2011年6月号 特集 マイケル E. ポーター 戦略と競争優位 記事詳細

■ 特集 マイケル E. ポーター 戦略と競争優位

5つの競争要因から業界構造を分析し、戦略を立案する [改訂]競争の戦略

マイケル・ポーターは、まだハーバード・ビジネス・スクールの准教授だった1979年、“How Competitive Forces Shape Strategy”(邦訳[新訳]「競争の戦略:5つの要因が競争を支配する」DHBR2007年2月号)を発表した。 この論文は、競合他社、新規参入者、サプライヤー、顧客、代替品という「5つの競争要因」によって「業界構造」を分析・定義し、これに基づいて「戦略を立案」することの有効性を説くもので、戦略論の世界に新風を巻き起こした(その翌80年に発表されたのが、世界的ベストセラー『競争の戦略』であり、称賛を持って世界じゅうのビジネス・リーダーたちに受け入れられた)。

本稿は、その全面改訂版である(その改訂作業には、同スクール教授のジャン・リブキン、ならびに長年の同僚であるジョアン・マグレッタが協力している)。この改訂版では、各事例を更新するだけにとどまらず、現在の企業競争の実態を踏まえたメッセージが盛り込まれている。本稿を理解せずして、ポーター戦略論は語れない。


マイケル E. ポーター   ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

PDF記事:28ページ[約2,179KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking