エイドリアン・スライウォツキー

経営思想家トップ50:第46位

「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。デス・ディアラブとスチュアート・クレイナー率いるアドバイザーチームと一般投票によって選出されるこのランキングは、「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つ。選出の基準は次の10項目だ。アイデアの独創性、アイデアの実現性、執筆活動、支持者の忠実度、ビジネスセンス、国際的視野、研究の厳密性、アイデアのインパクト、指導者的要素。次回ランキングの発表は2013年11月。


第46位:エイドリアン・スライウォツキー(Adrian Slywotzky)

 経済理論とマネジメントを専門とするコンサルタント、著述家。収益性と成長についての研究で知られ、「ビジネス・デザイン」や「ビジネスモデルのイノベーション」という概念を提唱した先駆者でもある。

 著書にはValue Migration: How to Think Several Moves Ahead of the Competition(1995年。「価値の移動:競争の数手先を読む方法」)、The Profit Zone: How Strategic Business Design Will Lead You to Tomorrow’s Profits(デイビッド・モリソン、ボブ・アンデルマンとの共著、1998年。邦訳『プロフィット・ゾーン経営戦略 真の利益中心型ビジネスへの革新』ダイヤモンド社)、The Art of Profitability(2004年。邦訳『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』ダイヤモンド社)、The Upside(カール・ウェバーとの共著、2007年。邦訳『大逆転の経営』日本経済新聞出版社)などがある。

『プロフィット・ゾーン経営戦略』では、ビジネス・デザイン(事業設計)という概念を提唱し注目を集めた。企業は製品やサービスを重要視するが、価値の獲得と創造の基盤となるのはビジネスのデザインであり、それはあまり考慮されていない、というのが彼の問題意識だ。

 最新刊はDemand: Creating What People Love Before They Know They Want It(2011年。邦訳『ザ・ディマンド 爆発的ヒットを生む需要創出術』日本経済新聞出版社)がある。現在、経営コンサルティング会社オリバー・ワイマンのパートナー。


HBR.ORG原文・関連リソースはこちら
Thinkers50の公式ウェブサイトはこちら

■エイドリアン・スライウォツキーの論文邦訳バックナンバー
2002年10月号 二桁成長の戦略デザイン
2003年5月号 コンサルティング思考の原点
2004年6月号 2004年:パワー・コンセプト20選
2005年9月号 「戦略リスク」を体系的に管理する
2008年11月号 マーケティングはコストではなく「投資」である
 

無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
経営思想家トップ50」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking