シーナ・アイエンガー

経営思想家トップ50:第48位

「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。デス・ディアラブとスチュアート・クレイナー率いるアドバイザーチームと一般投票によって選出されるこのランキングは、「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つ。選出の基準は次の10項目だ。アイデアの独創性、アイデアの実現性、執筆活動、支持者の忠実度、ビジネスセンス、国際的視野、研究の厳密性、アイデアのインパクト、指導者的要素。次回ランキングの発表は2013年11月。


第48位:シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)

 コロンビア大学ビジネススクール(S・T・リー記念講座)教授。同大学ジェローム・A・チェイズン国際ビジネス研究所ディレクター。

 選択に関する研究で知られる。論文Choice and Its Discontents(「選択と不満」)により、1998年に実験社会心理学会最優秀論文賞を受賞。

 2010年にThe Art of Choosing(邦訳『選択の科学』文藝春秋)が刊行され、数々の賞に輝いた。日々の生活のなかで選択肢があまりに多すぎるという現状に、人々がどう対処すればよいかを教えてくれる1冊である。

 アイエンガー自身、困難な選択を迫られてきた。10歳になる頃に網膜色素変性症を患い視力が衰えたため、本を読むことさえできなくなった。10代後半には全盲となった。一部からは反対された大学進学への情熱を持ち続け、研究者の道を歩むに至った。


HBR.ORG原文・関連リソースはこちら
Thinkers50の公式ウェブサイトはこちら
 

無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
経営思想家トップ50」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking