2011年7月号 特集 失敗に学ぶ人 失敗で挫折する人 記事詳細

■ 特集 失敗に学ぶ人 失敗で挫折する人

マイクロソフト、3Mが実践する 「知的失敗」の戦略

多くの組織はこれまで、失敗から体系的に学ぶ努力をしてこなかった。しかし、不確実性が高く、変化の激しいいまの時代には、失敗を避けて通ることは不可能である。その事実を直視すると共に、失敗を成功に近づくための「実験」と見なして、いかに役立てていくかという積極的な発想をしていく必要がある。

試行錯誤を通して有益な教訓を得るためには、「知的な失敗」を設計することが欠かせない。知的な失敗は合理性やセーフティ・ネットの観点から、新規事業の開拓や新製品開発などの新しい試みを支援する。失敗から得た教訓を組織全体で共有していけば、俊敏に動き果敢にリスクが取れるようになる。

本稿では、マイクロソフト、3M、グーグルなどの事例と共に、組織が知的な失敗を設計し有効に活用していくための7つの原則を紹介する。


リタ・ギュンター・マグレイス   コロンビア・ビジネス・スクール 教授

PDF記事:13ページ[約1,509KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking