2013年4月号 特集 持続可能性 新たな優位を求めて 記事詳細

■ 特集 持続可能性 新たな優位を求めて

パートナーとの連携による 持続可能なサプライチェーンの構築

 持続可能性の取り組みへの要請は日増しに高まっているが、受動的な局所対応に留まっている企業が多い。資材、拠点、製造工程、輸送方法を切り替えたり、サプライヤーに対して地球に優しいやり方を迫ったりするものの、予期せぬ形で諸コストがかさみ、持続可能性とはほど遠いサプライチェーンが形成される結果となるケースもある。
 それを避けるには、直接の取引相手に限らず、サプライチェーンの隅々まで見渡し、ビジネスと環境・社会の両面から改善ポイントを探っていくことだ。そのうえで、生産工程を一新させる、パートナー企業と一緒に新しいサービス・モデルをつくる、合弁会社をつくるといった構造改革を進める。また、単独で取り組むのではなく、関係する部門や取引先など幅広い関係者を巻き込むことも重要である。


ハウ L. リー   スタンフォード大学経営大学院 教授

PDF記事:13ページ[約2,487KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking