求人募集中:データ・サイエンティスト

「ビッグデータ」は、ビジネスと組織の変革を促す大きな可能性があることから、多くの経営幹部から注目を浴びています。ビッグデータとは、量、非構造化の程度、または情報ソースの多様性が甚だしいため、従来の手段では管理および分析することができないデータを表すための概念です。これと関連した概念として「ハイパフォーマンス・アナリティクス」(HPA)があり、こちらは大規模な分析プロジェクトの処理を飛躍的に高速化する最新テクノロジーを活用することを指しています。

 しかし、新しいテクノロジーを単に取り入れるだけでは、ビッグデータとHPAから真の成果を引き出すことはできません。すでにアナリティクスの活用については豊富な経験がある企業でも、この新たなリソースを使いこなすためには、新しい能力を培う必要があります。

 そうした中でも最も重要なものの一つが、ビッグデータの管理と分析を日常的に担当する「データ・サイエンティスト」の能力です。筆者は最近の調査で30名を超えるデータ・サイエンティストからヒアリングをおこないました。ここでは、企業として知っておくことが望まれる知見を紹介します。

データ・サイエンティストとは?

 データ・サイエンティストとは、技術者と計量アナリストの両面を兼ね備えた存在です。すでにビッグデータに特化した新興企業からゼネラル・エレクトリック(GE)、Intuit、EMCなどの大企業まで、さまざまな組織でこうしたデータ・サイエンティストが働いています。

 たとえばGE社では、サンフランシスコに新設するグローバル・ソフトウェア・アンド・アナリティクス・センター(Global Software and Analytics Center)で400名以上のコンピュータ・サイエンティストとデータ・サイエンティストを雇用し、機関車、タービン、ジェットエンジン、大規模発電施設など向けの工業製品を対象としたビッグデータの分析に集中させたいと考えています。

(この記事の続きは、以下からホワイトペーパーをダウンロードしてお読みください)

 

関連記事
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー