2013年3月号 特集 HBR創刊90周年記念号 経営の未来 記事詳細

■ 特集 HBR創刊90周年記念号 経営の未来

マネジメント理論の真価を問う 経営の基本はいまだ通用するか

「優れた経営手法を実践する企業ほど成功する確率が高い」というのは本当だろうか。何千社もの企業を調査し、この一見当たり前の、長年にわたり信じられてきた前提条件を真正面から再検証し、時の試練に耐えうるかどうかを確かめたのが本稿である。
 さらには、企業経営のみならず、教育や医療が抱える欠陥など世界共通の複雑な課題においても、優れた経営が実際の改善につながるかどうかに迫っていく。
 経営改善というスローガンは、平凡で手垢がついたものに思われるかもしれない。だが、収益や生産性、あるいは世界じゅうで必要とされる重要なサービス提供に与える潜在的効果を考えると、実は経営改善というのはきわめて大きな変化をもたらす過激な提案なのだ。


ニコラス・ブルーム   ハーバード・ビジネス・スクール 講師

ラファエラ・サドゥン   ハーバード・ビジネス・スクール 講師

ジョン・ヴァン・リーネン   ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス・アンド・ポリティカル・サイエンス センター・フォー・エコノミック・パフォーマンス ディレクター

PDF記事:9ページ[約1,703KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking