2011年8月号 特集 ビジネスモデル 構想と決断 記事詳細

■ 特集 ビジネスモデル 構想と決断

企業と社会起業家の有機的パートナーシップ ハイブリッド・バリューチェーン

企業と社会起業家がコラボレーションすることで、単独あるいは従来のやり方では開拓が難しい「ボトム・オブ・ピラミッド」(BOP)へのアプローチのみならず、経済価値と社会価値の同時実現が可能になり、これまで遅々として進まなかった社会問題の解決に光明がもたらされる。

筆者らが「ハイブリッド・バリューチェーン」と呼ぶ、この新しいパートナーリングは、必然的な経営手法として拡大しつつある。この相互補完的なバリューチェーンは、営利部門が経営資源やノウハウ、資金調達力を、かたや社会起業家や市民部門がソーシャル・ネットワーク、低コスト・オペレーション、BOP市場に関する知見を提供することにより構築される。

本稿では、まさしく新しい資本主義を象徴するビジネスモデルの例を紹介しながら、いかにハイブリッド・バリューチェーンを構築するかについて解説する。


ビル・ドレイトン   アショカ CEO

バレリア・バディニッチ   アショカ チーフ・アントレプレナー

PDF記事:14ページ[約1,407KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking