2013年2月号 特集 ビッグデータ競争元年 記事詳細

■ 特集 ビッグデータ競争元年

統計学の第一人者が語る 【インタビュー】データ解析の神髄とは

モデリングやアルゴリズムというのは、それ独自で価値を生み出すものではない。何かを実践したいという、何らかの意識があって初めて価値となる。ビッグデータの登場により、データを扱う手法はさまざまに変化している。
データ解析には、「データ・マイニング」「モデリング」「最適化」の3つの重要なステップがあるが、これらを通じて、特に「因果の表現」が重要である。ある2つの事象が同時に起こるのであれば、それはなぜか。いままで気づかなかった因果の発見こそが、すでに現場で培われた洞察力、直観、さまざまな経験を乗り越える知識なのである。一方で、莫大なデータを集積する技術が発展した半面、統計の原理上は、データ量が多いとかえって何かを正確に予測することが難しい、といったパラドックスが起こるという。
本インタビューでは、日本の統計学の第一人者が、ビッグデータ時代のデータ解析の本質と、いまの時代に企業に求められる視点について語る。
 


樋口 知之   統計数理研究所 所長

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking