2011年10月号 特集 マーケティングを問い直す時 記事詳細

■ 特集 マーケティングを問い直す時

心理学的実験で実証される お客様の言葉が社員を顧客志向に変える

リーダーがいくら言葉を尽くして激励しても、そう簡単に社員の心に火をつけることはできない。逆に、もっと働かせようという下心がありそうだと、疑われることのほうが多い。

こうした場面で有効なのは、社員とエンドユーザーをつなぐことだ。これにより、社員に対する動機づけの業務を顧客にアウトソーシングすることが可能になる。受益者の生の声を知ることで、自分たちの仕事の意味や目的が明確になる。「影響」「感謝」「共感」というメカニズムが働くと、社員は要求されている以上に頑張ろうと思うのだ。

意欲を喚起する役割を効果的にアウトソーシングするためには、リーダーは自身のネットワークを活用して、エンドユーザーを探し出し、実体験に基づくストーリーを集めてみることだ。エンドユーザーを組織に招き、社員と交流する機会をつくったり、社員自身にユーザー体験をさせたりすることも、顧客理解や共感の醸成に役立つ。


アダム M. グラント   ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF記事:12ページ[約1,712KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2011年10月号
    新たな視点のソリューションを探る
    マーケティングの戦略課題

    カレル・クール INSEAD教授
    ペトロス・パラニカス ボストン コンサルティング グループ パートナー兼マネージングディレクター
    ロヒト・デシュパンデ ハーバード・ビジネス・スクール 教授
    シナン・アラル ニューヨーク大学 スターン・スクール・オブ・ビジネス 助教授
    ディラン・ウォーカー ニューヨーク大学 スターン・スクール・オブ・ビジネス リサーチ・サイエンティスト
    ポール・バトラー データ・サイエンティスト
  • 2011年10月号
    無料ビジネスの脅威にいかに対抗するか
    「FREE経済」の戦略

    デイビッド J. ブライス ブリガム・ヤング大学 マリオット・スクール・オブ・マネジメント 准教授
    ジェフリー H. ダイアー ブリガム・ヤング大学 マリオット・スクール・オブ・マネジメント 教授
    ナイル W. ハッチ ブリガム・ヤング大学 マリオット・スクール・オブ・マネジメント 准教授
  • 2011年10月号
    現地の小売業に学べ
    新興国市場の消費者行動

    ギレルモ・ダンドレア  IAEビジネス・スクール 教授
    デイビッド・マーコット カンター・リテール シニア・バイス・プレジデント
    グウェン・ディクソン・モリソン ザ・ストア 南北米地域・オーストラリア担当CEO
  • 2011年10月号
    ピラミッドの底辺を掘り起こせ
    貧困層セグメンテーション

    V. カストゥーリ・ランガン ハーバード・ビジネス・スクール 教授
    マイケル・チュウ ハーバード・ビジネス・スクール 上級講師
    ジョージア・ペトコスキ 世界銀行 首席スペシャリスト
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ