2011年10月号 特集 マーケティングを問い直す時 記事詳細

■ 特集 マーケティングを問い直す時

心理学的実験で実証される お客様の言葉が社員を顧客志向に変える

リーダーがいくら言葉を尽くして激励しても、そう簡単に社員の心に火をつけることはできない。逆に、もっと働かせようという下心がありそうだと、疑われることのほうが多い。

こうした場面で有効なのは、社員とエンドユーザーをつなぐことだ。これにより、社員に対する動機づけの業務を顧客にアウトソーシングすることが可能になる。受益者の生の声を知ることで、自分たちの仕事の意味や目的が明確になる。「影響」「感謝」「共感」というメカニズムが働くと、社員は要求されている以上に頑張ろうと思うのだ。

意欲を喚起する役割を効果的にアウトソーシングするためには、リーダーは自身のネットワークを活用して、エンドユーザーを探し出し、実体験に基づくストーリーを集めてみることだ。エンドユーザーを組織に招き、社員と交流する機会をつくったり、社員自身にユーザー体験をさせたりすることも、顧客理解や共感の醸成に役立つ。


アダム M. グラント   ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF記事:12ページ[約1,712KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking