プロモーション戦略:
対象顧客に自社製品の価値を認めてもらうには?

[本質的問題解決Q&A]

1

「あなたは、営業のプロフェッショナルですか?」と問われて、「イエス」と答えられる人はどれくらいいるでしょうか?
あなたの周りにも「営業の達人」の1人や2人はいるはずです。彼ら彼女らのプロフェッショナル・スキルは努力の賜物であり、一朝一夕に身につくものではありません。では、営業プロフェッショナルのスキルを習得する近道はないのでしょうか?
それは、営業活動のなかにあります。日々営業活動をするなかで困っていること、わからないこと、迷っていること等々が、「営業目標を達成するために最も重要な成功の鍵」なのです。これを発見し、解決することで、営業プロフェッショナルとしてのスキルはおのずと培われます。


Question



業界万年3位の当社。競合他社との差を広げられ、4位転落が目前に迫っています。3年ぶりに期待の新製品を発売することになり、1カ月で全社的プロモー ション戦略を立案するメンバーに選抜されましたが、何から着手すればいいのか……ぜひアドバイスをお願いします。
(質問者:機械製品法人営業、男性、35 歳)


Answer


 万年3位の会社が、4位転落目前ですか! これはなかなかシビアな状況ですね。そのようななかで、3年ぶりに新製品が発売されるとなると、会社の期待値も高く、法人営業担当としてなんとしてでも結果を出さなければならないし、差し迫った状況ですね。

 ともかく、プロモーション戦略の立案チーム・メンバーに選ばれたことは喜ばしいことです。おめでとうございます! でも、新製品を法人顧客に大量購入してもらうための施策を考えるといっても、なにから始めたらいいか皆目見当がつかない……まさか「よいプロモーション活動を考えてみよう」なんてところに目的を置いていないですよね!? ここで重要なのは、「法人顧客に」「大量購入してもらう」ことであることをお忘れなく!

 さて、このような場合、どのように考えたらいいのでしょうか。いままでのプロモーション活動(特に、成功した例)を棚卸ししてみようとしたのでしたら、それはよい考えではありません。事業環境も違えば、販促したい新製品のターゲット顧客も違うでしょうから、過去の方法をそのまま使うことは賢明とはいえません。

 すでに新しく上市しようとしている製品があるわけですから、まず大事なのは、顧客がそれを購買してくれるまでのプロセスを大きな流れで考えてみることです。そのプロセスがどのようなものなのか、「問題解決者」の視点で考えてみましょう。

次のページ  プロモーションのフローを考える»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
関連記事
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking