2007年3月号 特集:リーダーシップを問い直す時 記事詳細

■ 特集:リーダーシップを問い直す時

堕ちたリーダーが甦る時 失脚から復活する法

リーダーの仕事は、だれかの策略や思わぬ出来事によって、その身が破滅するというリスクと背中合わせである。事前に備えるべきなのは言うまでもないが、もしそうなってしまった場合、何をすればよいだろうか。四五〇件以上のCEO交代について分析したところ、堕ちたリーダーが復活するプロセスには共通性があった。ジミー・カーター、ジェイミー・ダイモン、スティーブ・ジョブズ、マーサ・スチュワートやマイケル・ミルケンたちはみずからの使命を自覚し、その復活に向けて対策を講じたことで、失意のどん底からはい上がることに成功した。


ジェフリー・A・ゾネンフェルド   エール大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

アンドリュー・J・ウォード   ジョージア大学 助教授

PDF記事:14ページ[約1,355KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2007年3月号
    昇進と共に諫言は減っていく
    自問と自省のすすめ

    ロバート・S・キャプラン ハーバード・ビジネススクール 上級講師
  • 2007年3月号
    変革後に待ち受けている課題
    CEO交代のマネジメント

    デイビッド・A・ナドラー マーシュ・アンド・マクレナン 副会長兼CEO マーサー・デルタ・コンサルティング 会長兼CEO
  • 2007年3月号
    「勇気ある行動」はスキルである
    勇気の計算

    キャスリーン・K・リアドン 南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 教授
  • 2007年3月号
    最悪のシナリオを回避するために
    鳥インフルエンザは企業課題である(上)

    スコット・F・ドゥエル 疾病対策予防センター 世界疾病調査官
    ジョセフ・S・ブリーセ 疾病対策予防センター インフルエンザ疫学ディレクター
    ジェフリー・ステープルズ インターナショナルSOS 首席医療アドバイザー
    アメリカ保健社会福祉省疫病管理予防センター 
    ウェンディ・ドブソン トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 教授
    ブライアン・R・ゴールデン トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 教授
    ウィリアム・マクゴーワン サン・マイクロシステムズ シニア・バイス・プレジデント
    シェリー・クーパー BMOファイナンシャル バイス・プレジデント

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking