2001年3月号 特集 コーチングのリーダーシップ論 記事詳細

■ 特集 コーチングのリーダーシップ論

心理学のメカニズムから解きほぐす【実践】 コーチングで「個」を活かす

「コーチングの解説書は雲をつかむような話でいま一つ信用ならない」と思ったことがある読者は少なくないはずだ。たしかに、従来の日本企業組織の論理からは、コーチングを理解するのは容易ではなかっただろう。しかしそれは一つのコミュニケーション・スキルであって、それほど難しい話ではない。本稿ではそのコーチング理論を正しい認識から遠ざけている要因から、実践に当たっての考え方と心構えを、心理学的見地から解説する。


伊東 明   心理学者

この論文もおすすめします
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ