2001年4月号 特集 プライシングの戦略メカニズム 記事詳細

■ 特集 プライシングの戦略メカニズム

戦略顧客を定義し、そのロイヤルティを最大化する ブランドと価格戦略の好循環

プライシングの自由度はブランド戦略が左右する。高級ブランド品の例が示すように、高いブランド価値は大きな価格プレミアムを実現する。そして大きな価格プレミアムは、戦略の自由度をも保証する。ブランドとプライスの良循環こそ、不毛な過当競争から脱却するための経営コンセプトである。まだ遅くはない。戦略的アプローチがあれば、後発でもこの良循環を形成できる。事実、チャールズ・シュワブやスターバックスは「その他大勢」から抜け出し、リーダー企業へと変身した。


伊藤 良二   ベイン・アンド・カンパニー ディレクター

PDF記事:12ページ[約1,639KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ