2001年4月号 特集 プライシングの戦略メカニズム 記事詳細

■ 特集 プライシングの戦略メカニズム

G・J・テリスの九分類に見る プライス・マネジメントの理論

日本企業の「プライシング」には、体系(理論と実践)が存在しなかった。ITやインターネットの発達で、一物多価にはますます拍車がかかり、顧客へのパワーシフトも顕在化している。体系なくして、CRMをはじめワン・ツー・ワン・マーケティングなどに対応したプライシング戦略を展開することはできない。本稿では「テリスによる価格戦略の九つの分類」を紹介し、基本的な体系を踏まえながら、e時代に有効なプライシングとはどのようなものか、考察していく。


上田 隆穂   学習院大学 経済学部 教授

この論文もおすすめします
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ