2001年7月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

イノベーション効率を飛躍的に高める 「実験技術」革命のインパクト

世間をあっと言わせるような新製品を開発したいが、多大な実験コストを覚悟しなければならない。特に知識と創造性が重視される新製品開発やデザイン、創薬といった分野では、このようなジレンマに悩んできた。しかし、ラピッド・プロトタイピングやコンビナトリアル・ケミストリーなどの最先端技術によって、複雑かつ高コストの実験も簡単かつスピーディにできるようになった。「実験新時代」の到来である。


ステファン・トムク   ハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF記事:14ページ[約1,691KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ