2001年7月号 特集 「見えざる資産」のアドバンテージ 記事詳細

■ 特集 「見えざる資産」のアドバンテージ

戦略のダイナミズムを実現する 見えざる資産の競争力

1990年代、一世を風靡したコア・コンピタンス。この概念が提唱される10年前に競争力の源泉となりうる「見えざる資産」の重要性を主張したのは日本の学者であった。

いまや時代はブランド、技術・ノウハウ、サービス供給力などの「見えざる資産」が企業の競争力と企業価値を大きく左右するようになった。

環境変化がますます激しい時代となって、この主張はますます注目されてきた。変化に対応する源泉が、とりもなおさず見えざる資産にあるからだ。本稿では、戦略とのダイナミズムを実現する見えざる資産の本質に迫る。


伊丹 敬之   一橋大学大学院 商学研究科 教授

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking