2001年11月号 特集 T. レビットのマーケティング論 記事詳細

■ 特集 T. レビットのマーケティング論

サービスに生産ライン方式を サービス・マニュファクチャリング

サービスを単なる人間の個人的な奉仕ととらえてはならない。サービスを属人的なものと考えては、サービスの質や効率は向上しない。むしろ組織的に低コストで効率よく、品質を保つというメーカーの生産管理の発想を取り入れるべきだ。マクドナルドはサービスを製造業的にとらえ、成功を収めた好例である。それまであまり顧みられなかったサービスの問題に焦点を当てた、サービス・マネジメントの先駆けともいうべき論文。


PDF記事:16ページ[約1,776KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ