2002年2月号 Serial Article 記事詳細

■ Serial Article

『連載』[抄訳]GMとともに【第2回】 大いなる可能性(1)

1908年は、ある意味、自動車産業の幕開けの年である。まずヘンリー・フォードが〈T型フォード〉を発表した。またウィリアム C.デュラントがゼネラルモーターズ(GM)を設立した。その後GMはオールズモビル、ポンティアックなどを次々に買収し、現在の5ブランド体制を確立した。今回はゼネラルモーターズの草創期からスローンがその経営に携わる前夜までを収めている。


アルフレッド P. スローン Jr.   ゼネラルモーターズ 元会長

この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ