2002年3月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

小さな機会をとらえ、粘り強く働きかける 個から始まるしなやかな組織改善

組織を改善するにはどうすればよいか。方法はさまざまだが、大別すると、外科療法(外部から働きかける)と内科療法(内部から働きかける)の二つに分けられる。たとえば、周囲に波風を起こすことなく事を運ぶには、前者よりも後者が有効だ。本稿では、身近な事例を基に、今日からでも始められる四つのアプローチを紹介したい。


デブラ E. メイヤーソン   スタンフォード大学経営大学院 客員教授

PDF記事:12ページ[約1,473KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ