2002年3月号 特集 ブランドバリュエーション 記事詳細

■ 特集 ブランドバリュエーション

顧客に浸透させる前に ブランドの求心力は社内で醸成する

顧客にブランドを知らしめることが大切なのは、だれしも異論はない。しかし、経営者が躍起になって取り組むブランド構築の内容やそれにかける情熱は、自社の社員に、どこまで伝わっているだろうか。その問いに、すぐ返答できる企業はまだ少ない。ブランド戦略の成否は、社員一人ひとりがどこまでその内容を理解し、顧客へ情熱を持って取り組むかにかかっているのだ。本稿では、社内に対するブランド戦略の重要性と、その実践における三つの基本原則を、過去のケースと照らし合わせながら解説しよう。


コリン・ミッチェル   オグルビー&メイザー シニア・パートナー

PDF記事:10ページ[約1,059KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年2月号『コレクティブ・インパクト』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ