2002年3月号 特集 ブランドバリュエーション 記事詳細

■ 特集 ブランドバリュエーション

顧客の目でブランドの関係性を見直す 分子モデルのブランド・ポートフォリオ

アメリカン航空とシティバンク、VISAの提携カード、マイクロソフトとインテルのロゴをつけたデルコンピュータ製品など、他社ブランドとの連携が日常茶飯事となった。分子モデルでブランド・ポートフォリオをマッピングすると、自社ブランドと他社ブランドの間の複雑な関係が一目瞭然、顧客の視点に立ったブランド戦略を構築できる。ミラー、キャデラックを例に作成方法を説明する。


クリス・レドラー   ヘリオス・コンサルティング・グループ 共同創設者

サム・ヒル   ヘリオス・コンサルティング・グループ 共同創設者

PDF記事:12ページ[約1,394KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking