2002年3月号 特集 ブランドバリュエーション 記事詳細

■ 特集 ブランドバリュエーション

経営の中核にブランドを位置づける ブランドが組織と戦略を統合する

ブランドの価値評価は、見えざる企業資産を高めるスタートとなる。目指すべきゴールは、模倣困難な競争優位の獲得である。差別化したブランドの構築には、その方向性を規定する事業戦略と実行力を伴った組織文化が車の両輪である。ブランドの問題は、もはやマーケティングの範疇を超えた。付加価値の源泉が無形資産に依存する時代にあって、それはマネジメント全体の課題になった。


デイビッド A. アーカー   カリフォルニア大学バークレー校 名誉教授・電通顧問

ブランド論の第一人者。主な著書に『ブランド・エクイティ戦略』『ブランド優位の戦略』『ブランド・リーダーシップ』『ブランド・ポートフォリオ戦略』『シナジー・マーケティング』(以上、ダイヤモンド社)などがある。

阿久津 聡   一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 助教授

PDF記事:12ページ[約922KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ