2002年5月号 Serial Article 記事詳細

■ Serial Article

『連載』[抄訳]GMとともに【第5回】 製品ポリシーの構築

1921年当時、明確な製品ポリシーを持っておらず製品ラインも混乱していたゼネラルモーターズ(GM)は、特別諮問委員会を設置し、そこで製品ポリシーの全体像を描くことになる。そこで定められた

 1.すべての価格セグメントに参入する、
 2.各セグメントから規模の利益を最大限に引き出す、
 3.GM車の競合を避ける、

という三点は、長く、GMの製品ポリシーとして同社を支えることになった。


アルフレッド P. スローン Jr.   ゼネラルモーターズ 元会長

この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ