2002年6月号 Serial Article 記事詳細

■ Serial Article

『連載』[抄訳]GMとともに【第6回】 失われた二年半 - 銅冷式エンジンからの教訓

1921年、ゼネラルモーターズは、従来の水冷式に代わる空冷式(銅冷式)エンジンの開発に取り組んだ。実用化に至れば、業界に大旋風を起こすことになるものだったが、組織の足並みの乱れからその開発はうまくいかなかった。この失敗から、さまざまな組織が歩調を合わせること、エンジニアリングとその他の機能をうまく連携させることの重要性を学んだのである。


アルフレッド P. スローン Jr.   ゼネラルモーターズ 元会長

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking