2002年6月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

企業の利益と責務をどうバランスさせるか 社会貢献の戦略マトリックス

社員やその家族への福利厚生、環境問題の解決、文化財団への支援、発展途上国への資本・技術提供……。企業の果たすべき社会責任は、より広がり、そしてより重くなってきている。しかし、それを果たそうとすると、さまざまな壁にぶつかる。燃費のよい自動車を製造しようとしても、他社と足踏みを揃えられなければ、競争で不利になりかねない。こうした社会貢献への障害を取り払うには、「社会責任マトリックス」を理解しておく必要がある。


ロジャー L. マーチン   トロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長

PDF記事:11ページ[約2,135KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2003年10月号
    知識経済社会の利益をめぐって
    資本と才能:新たなる階級闘争

    ロジャー L. マーチン トロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長
    ミネア C. モルドビーヌ トロント大学 ロットマン経営大学院 准教授
  • 2005年5月号
    未来を読む
    2005年のパワー・コンセプト(上)

    『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 
    ロデリック M. クラマー スタンフォード大学 経営大学院 教授
    ジュリア・カービー ハーバード・ユニバーシティ・プレスのシニアエディター
    ジョセフ L. バウワー ハーバード・ビジネススクール 教授
    ジェフリー F. レイポート マーケットスペースネクスト マネージング・パートナー
    エリック・ボナボー アイコシステム 会長
    ロジャー L. マーチン トロント大学 ロットマン・ビジネススクール 学長
    キルシ・カルヤナム サンタクララ大学 教授
    モンテ・ツィーベン ブルー・マティーニ・ソフトウエア 会長兼CEO
    ロバート C. マートン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 特別教授
    トーマス A. スチュアート HBR 編集長
    モハンビール・ソーニー ノースウエスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授
  • 2002年6月号
    スピーディかつ十分な精度で意思決定する
    ビジネス分析の実践技法

    菅原 章 マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエート・プリンシパル
  • 2002年6月号
    【ノーベル経済学賞受賞者に聞く】計量経済学のアプローチ
    「個」の行動分析から「全体」を予測する

    ダニエル・マクファデン カリフォルニア大学バークレー校 経済学部 教授
    ジェームズ・ヘックマン シカゴ大学 経済学部 教授

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking