2002年8月号 特集 グループ経営の針路 記事詳細

■ 特集 グループ経営の針路

グループ再編に欠かせない選択肢 よい事業分割、悪い事業分割

事業分割には悪いイメージがつきまとう。採算が合わなくなり、瀕死の重傷を負った段階で踏み切られる、後ろ向きの手段として用いられるからだ。しかし、資源を有効活用し、資本効率を高めるために、事業分割は積極的に再検討されるべきだ。


リー・ドラニコフ   マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエート・プリンシパル

ティム・コラー   マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

アントゥーン・シュネイダー   マッキンゼー・アンド・カンパニー マネジャー

PDF記事:12ページ[約1,375KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ