2002年8月号 特集 グループ経営の針路 記事詳細

■ 特集 グループ経営の針路

脱事業ポートフォリオ経営による「グループ・プレミアム」の創造 全体最適のグループ経営戦略

コングロマリット・ディスカウントを超えて――。それは部分の総和を超える「グループ・プレミアム」を生み出すことにほかならない。そのためには、「インテグレーション」と「イノベーション」を同時に実現させる経営モデルを構築する必要がある。デュポンとGMの事業部制をひも解き、ITTやRCA、ウエスチングハウス、ABBの凋落、IBMやGE、デルの持続的成長について検証しながら、日本グループ経営の次なる姿を探る。


森本 博行   ソニー インスティテュート・オブ・ストラテジー 主席

PDF記事:12ページ[約1,177KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking