2012年2月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

生物学、心理学、神経科学の知見が教える 利己的でない遺伝子

「人間は利己的なものである」という考え方は広く信じられてきた。リチャード・ドーキンスは「遺伝子の利己主義」(利己的遺伝子)について世に問うたが、これは、17世紀イギリスの哲学者トマス・ホッブズやアダム・スミスらの思想の原点にある考え方でもある。

そして現在も、ほとんどの組織がこれに従って、報酬やインセンティブ、あるいは罰則を定めている。たとえば、従業員を一生懸命に働かせたいなら、能力給を導入して、成果を監視すればよい。しかし近年、さまざまな分野の研究から、人間は想定していたより協力的で私心がなく、自己中心的な行動は取らないという証拠が見つかっている。

本稿では、人間の協力的な行動に関する生物学や心理学、神経科学におけるさまざまな知見を紹介し、協力のシステムを築いていくべきだと説く。現代はこれまで以上に、適応性や創造性、革新性が求められているが、そうした資質を発揮するためには、内発的動機に訴える協力のシステムが必要なのだ。


ヨハイ・ベンクラー   ハーバード・ロー・スクール 教授

PDF記事:16ページ[約2,795KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking