2002年10月号 Serial Article 記事詳細

■ Serial Article

『連載』[抄訳]GMとともに【第10回】 方針の立案

1920年代後半、ゼネラルモーターズ(以下GM)は求心力のある効果的な組織へと生まれ変わっていた。事業部制と全体の調和という面でも、また財務コントロールという面でもうまく行っていた。だが29年10月、大恐慌が起こり、再び組織改革の必要に迫られることになった。今回は大恐慌前後から第二次世界大戦頃までのGMのマネジメントについて述べる。


アルフレッド P. スローン Jr.   ゼネラルモーターズ 元会長

この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ