2002年10月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

信頼は時にはあだとなる パラノイアは「悪」ではない

信頼が存在することで、人間関係、いわんや組織は成立している。しかし、信頼を信用と履き違えたり、ましてや過剰に信頼しすぎたりすると、手痛いしっぺ返しを食らうことになる。インテル元CEOのアンドリュー・グローブはかつて「パラノイアだけが生き残る」と繰り返し述べていたが、多忙な人ほどパラノイアが必要であり、その必要性を心のどこかに刻んでおくべきである。


ロデリック M. クレイマー   スタンフォード大学 ビジネススクール 教授

PDF記事:14ページ[約2,532KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking