2012年2月号 特集 自分を鍛える 人材を育てる 記事詳細

■ 特集 自分を鍛える 人材を育てる

数だけが重要ではない ハイ・パフォーマーの人脈投資法

順調に昇進を果たし、活き活きと仕事をしているビジネス・リーダーは、きまって良質な人間関係を築いている。幅広い人脈や特別なツテがあるというよりも、業績面と精神面で支えとなる6種類の人脈をうまく活用しているのである。

反対に、仕事やキャリアで行き詰まっているマネジャーは間違った思い込みにより、人脈の規模や構造、活用が不適切になっており、時には人間関係が活力を削ぐ元凶にもなっている。

適切な人脈を再構築するためには、「分析」「重複の削減」「多様化」「活用」という4ステップの行動プランを用いるとよい。まず現状の人脈を見直し、6つの基本メリットで分類し、切るべき関係を見極め、不足する要素を埋めていく。さらに、人脈を十分に活用することも意識する。

多様性に富む人々と、バランスのよい関係を育んでいくことにより、やりがいが生まれ、幸福感と高業績の両立が可能になる。


ロブ・クロス   バージニア大学マッキンタイア商学大学院 准教授

ロバート・トーマス   アクセンチュア インスティテュート・フォー・ハイ・パフォーマンス エグゼクティブ・ディレクター

PDF記事:10ページ[約1,751KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking