2003年2月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

RFID技術の潜在能力 「モノ」と「モノ」が会話する時代

小さな日常品にまで送信機や受信機を取りつけるようになったら、ビジネスはどのように変わるのだろう。いまやそういう時代に近づきつつある。RFIDという技術により、モノに情報を埋め込むことができるようになり、オペレーション効率だけでなく、セキュリティ対策などにも効果が上がっている。そしてさらにモノが情報を発信し、モノ同士で情報をやり取りすることも視野に入りつつある。新しいコミュニケーションの可能性を探る。


グラバー T. ファーガソン   アクセンチュア チーフ・サイエンティスト

PDF記事:9ページ[約623KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ