2003年3月号 特集 「学習する組織」のマネジメント 記事詳細

■ 特集 「学習する組織」のマネジメント

不安感が学ぶ意欲を駆り立てる 学習の心理学

組織行動学の世界的な権威であるシャインの最初の仕事は、朝鮮戦争で捕虜になった兵士への洗脳に関する研究であった。その後、彼は研究の対象を組織に置くようになり、社員教育に捕虜兵への洗脳との共通点を見出す。シャインによれば、学習とは古い価値観と新しい価値観の交換プロセスであり、必ず強制を伴う。そして、学ぶ意欲の原動力となるのは不安感であるという。学習する組織を標榜する企業は多く、変革活動においては「転換的学習」の重要性が叫ばれる。本インタビューで学習の意味を再考する。


エドガー H. シャイン   マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール 経営学名誉教授

PDF記事:12ページ[約2,016KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking