2003年4月号 特集 モチベーションの行動科学 記事詳細

■ 特集 モチベーションの行動科学

二要因理論:人間には二種類の欲求がある モチベーションとは何か

社員や部下を動機づけようと金銭的インセンティブや諸制度を充実させるが、これらは「衛生要因」と呼ばれるもので、これだけではモチベーションは高まらない。モチベーション研究の第一人者であるハーズバーグはこの衛生要因のほかに「動機づけ要因」という人間的成長や仕事の充実を促す要因の重要性を指摘した。これは「衛生・動機づけ理論」、もしくは「二要因理論」と呼ばれる。なお本稿は、これまで100万部を超えるリプリントが行われた歴史的な名論文であり、いまなお読み継がれている。


フレデリック・ハーズバーグ   ユタ大学 特別教授

PDF記事:15ページ[約1,770KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2003年4月号
    解雇か、それとも黙認か
    コア人材の副業問題にいかに対処すべきか

    ビル・ジェンセン ジェンセン・グループ 創立者兼CEO
    バリー・ルパトナー バリー B.ルパトナー・アンド・アソシエイツ 創立者
    ジーン・キンメル  ウエストミシガン大学 経済学部 助教授
    カレン・コンウェイ ニューハンプシャー大学 経済学部 助教授
    サンドラ・デイビス 
    ブロンウィン・フライヤー ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター
  • 2003年4月号
    知識労働者のモチベーションを醸成する
    フェア・プロセス:信頼を積み上げるマネジメント

    W. チャン・キム INSEAD ブルース・D・ヘンダーソン寄付講座 教授
    レネ・モボルニュ INSEAD 准教授 兼ITMリサーチ 社長
  • 2003年4月号
    12人のリーダーが語る
    人を動かす知恵

    カーリー・フィオリーナ ヒューレット・パッカード 会長兼CEO
    クリストファー・バングル BMW グローバル・デザイン統括責任者
    チョーンシー・ベッチ 2002年全国最優秀教師 コーチェラバレー高校勤務
    L M. ベイカー Jr. ワコビア 会長
    ロバート A. エッカート マテル 会長兼CEO
    スーザン・ブッチャー 1150マイル・アイディタロッド・犬ぞりレース優勝者
    ロス J. ピラリ BPアメリカ 社長 兼 BP グループ副社長
    ハーブ・バーム ダイアル・コーポレーション 会長兼社長兼CEO
    マリオ・マッツォーラ シスコシステムズ 最高開発責任者
    ロバート D. バラード 神秘探検研究所 所長 ロードアイランド大学海洋学大学院 海底考古学研究所 ディレクター
    柳 傳志 聯想(レジェンド)グループ 会長
    ハンク・マッキネル ファイザー 会長兼CEO
  • 2003年4月号
    株主価値経営が招いたガバナンスの形骸化
    経営者報酬の健全性を問う

    エリック・ロイター フィディリティ・マネジメント・アンド・リサーチ・カンパニー 副社長兼法務顧問
    ピーター・クラップマン TIAA‐CREF シニア・バイス・プレジデント兼首席投資顧問
    ジェイミー・ハード インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ CEO
    ジョー・バケルダー バケルダー法律事務所 シニア・パートナー
    ジョン・イングランド タワーズ・ペリン プリンシパル
    グレッグ・ロー ゼネラルモーターズ グローバル報酬・コーポレート・ガバナンス担当取締役
    エドガー S. ウーラード Jr. 元デュポン CEO
    パール・メイヤー パール・メイヤー・アンド・パートナーズ 社長
    ブライアン・ホール ハーバード・ビジネススクール 助教授
    ハンク・バーネット ベスレヘム・スティール 名誉会長
    ウォーレン・バッツ 全米取締役協会 理事
    E. ノーマン・ビーシー デラウェア州最高裁判所 長官
    チャールズ・エルソン デラウェア州立大学 エドガー・S・ウーラード Jr.記念講座 教授 同大学コーポレート・ガバナンス・センター 所長

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking