2003年6月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

費用計上の正当性を検証する ストック・オプションはやはりコストである

現在、ストック・オプションを費用計上する義務はなく、その是非をめぐって侃々諤々の議論が交わされている。ただし、そもそも価値の移転を伴う取引を計上するのは会計の原則である。本稿では、いまだ繰り返される議論に終止符を打つべく、これらの主張に真っ向から反論し、ストック・オプションを費用計上する正当性を検証する。


ツビ・ボディ   ボストン大学 ビジネススクール 教授

ロバート S. キャプラン   ハーバード・ビジネススクール 教授

ロバート C. マートン   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:16ページ[約2,465KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking