2003年7月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

株主価値こそ組織の共通言語 ロイズ銀行:VBM企業への転換

株主価値経営への疑問が呈されているが、ロイズ銀行を再生させたピットマン卿は一部の例外がその意義を歪めただけであり、依然このコンセプトは有効であると主張する。同行でもさまざまな抵抗があったが、やがては株主価値が組織の求心力となった。本稿は、ロイズ銀行がいかに総合化の罠から脱し、株主価値を追求する組織へと変身したか、その紆余曲折のプロセスのみならず、いかに学習する企業文化が育まれたかを語る。


ブライアン・ピットマン卿   元ロイズTSB 会長

PDF記事:8ページ[約1,017KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking